第二新卒の転職でうまくいく人・いかない人

第二新卒は二度目の就活?
自己分析から攻略の糸口を掴む

若手がベンチャー企業で活躍しては数年で次のステップへ踏み出していく現象もよく見られる中、「働き方」に対する考えが若年層を中心に大きく移り変わっているようです。
旧来の日本では当たり前だった、新卒で入社した会社で定年退職を迎えるまで働くことも少なくなった反面、若いうちに積極的に転職活動を行う人が増えました。

さて、第二新卒の転職者も「若いうちに転職活動をする」という点においては同じですが、優秀な若手社員がステップアップのため次の会社を探す、という場合の転職活動と一緒くたにはできない要素があります。

いわゆる第二新卒と呼ばれる人たちは、入社した会社を3年~4年以内という短期間で退職しているわけですが、その多くの場合が本人と企業との間でのミスマッチが原因となっています。
ミスマッチを起こす原因の一端は企業側にもあったとしても、より大きな要因は本人が就職活動時に自己分析や企業分析をきちんとできていなかったことや、しっかり考えずに就職先を決めたことにあるのです。

自己分析ができていないということは自分のキャラクターや性質がわかっていないのであって、従って何が自分にマッチするかがわからないために、厳しい言い方をすれば「会社選びで失敗した」のが第二新卒であるともいえます。

だから、第二新卒での転職はいわば「二度目の就活」と思ってください。
改めて自己分析をきっちり行うことが成功に向けた最大のカギです。

まずは自分の人物特性を知り自己分析に役立てるためにも、「自己PRレポート」などのツールを使ってみましょう。

やりたい仕事を見つける。異業種転職(キャリアチェンジ)で成功する方法とは

第二新卒での異業種転職を目指したい、と考えたときに、自分の目指す方向性、自分の特性とのマッチングなどが100%固まっているという人は実は少ないのではないでしょうか。

中でも、特にまだ自分のやりたいことがわからない、これから動き始めるという人には、まず「自分の欲求が何か」ということを考えていただきたいと思います。

なぜなら、人間は、本能的に自分が何かを得られる、何かを手にできると思えなければ主体的に動かないものであって、企業では主体的に動くことを求められるからです。
つまり、究極的には自分の欲求を満たすものがその会社にあるか、ということを考えることが必要なのです。

より突き詰めていけば、自分の欲求を昇華させたところに「将来こうなりたい」という自分の理想像があるともいえます。

キャリアは常に逆算して考えるべきもの、ということからすれば、
・まず、「将来こうなりたい」という理想像を思い浮かべる
・理想像と今の自分を比較してみて、今の自分に何が足りないかを把握する
・足りないものを手に入れるために必要なものがどの会社で得られるか、という視点で比較検討する

という手順を踏んで会社選びをするのがベストということになります。

第二新卒こそエージェントに相談すべき。
その理由とは

理由こそ様々ではあれ、第二新卒は「会社選びを失敗した」人である、という前提でお話しします。
周囲の人に相談くらいはしていたとしても、最終的に自分で判断して選んだ会社が自分に合っていなかった、ということは、次も同じような方法で転職先を選んだ場合に同じ失敗を繰り返す可能性が高くなります。

さらに、第二新卒はまだ社会人経験も浅いですし、企業の特色や事業内容の情報収集はできたとしても、自分とのマッチングとなると、俯瞰した視点からの客観的なジャッジは本人ではなかなかできません。

だからこそ、第二新卒での転職を成功させるためには、一緒にキャリアを考えてくれるエージェントの存在がとても重要なのです。
一人ではなかなかたどり着けない「自分なりにやりたいこと」を整理するためにも、エージェントを活用して失敗しない転職活動をしましょう。

第二新卒というブランドを活かせる求人とは

近頃、第二新卒の転職が話題になることが多くなりました。

同時に、最近の傾向では第二新卒を「基本的なビジネスマナーや社会人としての常識は身についている一方で、思考が柔軟かつまだどこかの企業の色に染まっていない新鮮さがある」ことをメリットとして受け入れる企業も増えたように思います。

これをあまり楽観的に構えすぎるのも控えたいものですが、第二新卒というブランドを活かせる求人も確かに存在します。
特定のポータブルスキル(※以下参照)を持ち合わせていれば活躍人材となる可能性を買ってくれる会社による求人がこれにあたります。

ポータブルスキルとは、業務経験や業務知識を指すテクニカルスキルに相対する言葉で、洞察力や判断力、リーダーシップなど、客観的基準に基づく数値化や視覚化ができないスキルを指し、どの会社に転職する場合においても、どの業種、どの職種が適しているかの判断をするにあたって重要な要素となります。

第二新卒の転職者は・・・

・自分の人物特性とポータブルスキルを知りたい方は「自己PRレポート」