アドキャストへの転職・求人情報(中途採用・キャリア採用)

adcast-banner

アドキャストの事業モデル

アドキャストは、住宅用不動産、中でも特に顧客がマイホームとして購入する区分所有建物(分譲マンション等)の仲介に、顧客に対するライフプランニングという要素を加えたサービスを提供することを主な業とする会社です。

サービスの一環として、住宅購入にあたっての相談対応やサポートの提供(「住宅サポートパック」)、住宅購入後50年間の簡易ライフプランとキャッシュフロー表の提供(「ライフプラン」)、顧客が購入候補としている住宅に対する不動産のプロとしての徹底的な事前調査・報告(「物件調査報告書」)など独自のサービスを展開しており、これに不随する保険の提案や、一部戸建て用地の仕入れ・販売なども行っており、更には、ファイナンシャルプランナーによる参加無料の「不動産購入で失敗しない住宅セミナー」もその時期に応じた経済情勢や税制に合わせた内容で毎月開催し、住宅購入時期が未定の人からも参考にされているようです。

なお、東京都23区内に複数の拠点を設け、地域に密着して事業を行っている点もある種特徴的といえますが、それも「お客様の幸せ・喜びを第一の目的とし、一生お付き合いのできるパートナーとなる」という企業理念に合致した営業手法であり、不動産業界に新たなビジネスモデルを提唱することで現在も業績拡大を続けています。

アドキャストの強み

一般的に、不動産仲介会社は顧客による不動産の売買を通じて手数料を得ることを目的としており、顧客側からは「とにかく売ることが優先で客の本当のニーズは考えてくれない」「手数料さえ入ればよく、アフターフォローがない」など、悪名高いサービスとなる傾向にありますが、アドキャストはまさにこのような不動産会社の体制に一石を投じるべく設立されました。

代表の藤森哲也氏は起業以前、投資マンションの営業マンとして第一線で活躍していましたが、自身の高い業績とは裏腹に、会社に対する顧客からのクレームなどを通じて、自分の仕事に疑問を感じるようになったといいます。そうして、多くの不動産仲介会社がそうであるように、顧客のマイホーム購入時点での資力やライフステージのみで判断するのではなく、将来に亘って顧客に寄り添うこと、のちのライフプランに沿うような購入プランを提案することに重きを置くビジネスモデルをアドキャストの創業で実現したのです。

実際にアドキャストの仲介を通じてマイホームを取得した顧客の声からも、そうした営業スタンスが評価されていることがわかります。それこそがアドキャストが他の仲介会社の中でも選ばれる理由であり、強味であるといえるでしょう。

アドキャストで求められる人材

顧客に長きに亘って寄り添うこと、他とは違う不動産会社であることに重点を置くアドキャストですから、当然求められる人材も一般的な不動産仲介会社のそれとは異なります。

「売るためのテクニック」をいかに持ち合わせていても、いかに営業成績が良くとも、アドキャストで求められるのは顧客利益より会社利益を優先するスタイルではありません。

「不動産仲介会社」であると同時に「不動産コンサルティング会社」であること。

顧客にとっての仲介手数料3%の重みを意識し、

不動産業界について知りたい方は、「転職前に知っておくべき不動産営業の業種別実態と年収」の記事を読むことをおススメします。

●異業種へのキャリアパスを考えている方へのアドバイス・ノウハウ
●第二新卒で転職を考えている方へのアドバイス・ノウハウ