【営業の転職】本音はあり?受かる!「転職理由」「志望動機」例文集

3.履歴書・職務経歴書の書き方 ポイント別解説
考えを言語化しよう

キャリアプランを固めることで、自分の転職理由と志望動機がなんとなく見えてきたと思います。
次はそれを言語化するステップに移ります。

3-1. 転職理由は今の自分に足りないもの
―― 今の自分に足りないものが今の職場ではなぜ手に入らないのか

転職理由(退職理由)は、つまりは「今の自分に足りないもの」を手に入れるため、ということになります。
裏返せば、今の職場では「今の自分に足りないもの」が手に入らない、あるいは非常に手に入れづらい、ということです。

では、今の自分に足りないもの、手に入れたいものは何でしたか?
なぜ、今の職場ではそれが手に入らないのでしょうか?

それを言葉にすれば、それが転職理由になります。
前職の退職理由については、隠し立てしようとせずはっきり伝えるようにします。
但し、ここで気をつけていただきたいのは、前職に対するただの悪口にならないようにすること
転職するのですから、前職に何らかの不満がある場合がほとんどだとは思いますが、その不満が単なる自分のわがままや忍耐力のなさと受け取られてしまわないよう、その不満に対してどのように対処したか、その結果どのような状況になったかなど、不満がありつつも自分なりに努力や工夫を重ねたことを示すことが必要でしょう。

3-2. 志望動機は自分が今手に入れたいもの
―― 今回の転職で叶えたいことは何か

さて、次に志望動機ですが、これは前章に記載した「今の自分に足りないもの」「手に入れたいもの」が、応募先企業でなら得られると思うに至った理由と、それをどのようにして得ようと思っているかを伝えましょう。
つまり、「今回の転職で叶えたいこと」を明確にし、自分の営業スキルや人物特性と、転職先の企業での仕事を掛け合わせた結果がそこにどう結びつくのかを体系立てて説明することになります。

このためにはまず応募先企業のことをきちんと理解していることが必要です。
その企業のどこに自分にとって魅力と感じているのか
理解した上で、自分が興味を持っている点を(社風や理念なのか、商品・サービスなのか、それとも仕事内容そのものか)を、その理由とともに伝えましょう。

更には自分がその仕事に就いたときに、
・どのように自分のスキルを活かすことができるか
・応募先企業での仕事が自分にとってどのようにメリットとなるか
・企業側に与えることができるメリット
の3点をアピールするようにしましょう。

4.まとめ

いかがでしょうか。
今回は営業の転職における転職理由と志望動機の書き方についてレクチャーしました。
例文はあくまでも参考に、自分自身の明確かつ具体的な転職理由と志望動機を完成させ、転職を成功させましょう!

本サイトを運営しているスターリーグでは、転職理由の作り込みも含めた転職相談を行っております。

営業職について詳しく知りたいという方は、「【完全版】営業とは何か―営業の本質と真髄、その全てを学ぶ」を参考にしてみてください。