必見!女性営業職のおすすめファッション ~売れる営業ウーマンの髪型・メイク・服装・持ち物・必需品~

2.女性 営業職 おすすめの髪型

季節や年齢に関係なく、大切なポイントは3つあります。

  1. 清潔感
  2. シンプル・ナチュラル
  3. 年齢相応

です。

2-1.“清潔感”は必要最低条件

相手に不快感を与えず、好印象を与えることが大事です。その上で、清潔感は欠かせません。
清潔感を出すには、手入れをすることが重要です。

髪を洗う、トリートメントをする、ドライヤーで乾かす、ブラシをかける・・・このような基本的なことが大切です。

社会人になって忙しくなり、ついサボりたくなることですが、髪質は強く印象を形成します。あなたの印象が変わることで、営業成績も変わる可能性があります。忙しくても、最低限の手入れはしましょう。もちろん、美容室に行くことも忘れずに。

清潔感から好印象を与える髪型のポイントとして、おでこ、耳、フェイスライン、首元を出すと良いでしょう。すっきりとした清潔感と明るさを感じますね。
おでこについては、額を全て覆わない前髪ならOKです。サイドパーツ、センターパーツに分けるなどで、なるべく額を出すようにしましょう。

2-2.ヘアアレンジは2ステップまで

シンプル・ナチュラルというのは、ヘアスタイルにこりすぎないことです。

こるというのは、
・髪型を作る時の工程数が多い
・ヘアアクセサリーのデザインが華美なもの
を指します。

目安として、工程数は2ステップまでにしましょう。ビジネスでは、マナーの方が大切でオシャレは不要だからです。
例えば、ロングの人でゴムを使わずにアレンジできる
1.髪を横2つに分ける
2.縦に結ぶ
という髪型もシンプルで良いでしょう。

ヘアカラーも、地毛の色からかけ離れた色は避けましょう。多少明るくするくらいなら良いですが、アイブローを髪の色に合わせる必要が出るレベルになると明るくし過ぎです。注意しましょう。黒髪はもちろんOKです。

2-3.顔の印象と合わせて“年齢相応”にしましょう

髪型は、顔にプラスして印象を与えることができる大切なパーツです。
<strong顔の印象とバランスをとって髪型の印象を決めましょう。

髪型は顔の印象にも大きく左右する要素の1つです。
年齢相応に見てもらえるように、顔の印象とバランスをとると効果的です。

その上で、20代、30代、40代と各年代ごとにポイントをお教えします。

check_box20代は流行も取り入れて
派手になりすぎない程度に、髪型に流行を取り入れてみましょう。「情報持っていそう、興味関心が深そう」という印象を顧客にも与え、営業としての安心感が生まれます。
20代は色々とチャレンジしてみると、経験値が高まり、30代以降にも活きてきます。

例えば芸能人では、上戸彩、水原希子、波瑠、新垣結衣、瀧本美織あたりは参考になるでしょう。

check_box30代は洗練さをアピール
30代は、1工程に収めてみましょう。20代よりシンプルに、素材を活かした髪型にすると良いでしょう。

20代で色々チャレンジして、自分のスタイルを確立する年代です。
30代は、髪の長さでも個人に似合った長さが許される年代です。
ロングからショートまで、自分に合った長さでシンプルにまとめましょう。

例えば芸能人では、広末涼子、松下奈緒、小池栄子、松たか子、竹内結子、小林麻央あたりが参考になるでしょう。

check_box40代は諦めずに若々しさを
40代は、老け込まないことがポイントになります。特に加齢による髪質の低下や白髪などに気を付けましょう。
どうしても40代になると髪ツヤがなくなったり、白髪が目立ちがちです。行き届いた手入れで、若さを保つようにしましょう。

髪が長すぎると少し落ち着いた印象が強くなるため、ミディアムからショートに収めると良いでしょう。

例えば芸能人では、吉瀬美智子、井川遥、米倉涼子、松嶋菜々子あたりは参考になるでしょう。
40代に見えないくらいのバイタリティとオシャレさがありますよね。

女性だから20代のうちにキャリアビジョンを固めよう