営業の辛い業種ランキング~きついときは転職も考えよう

営業職は身体的にも精神的にもハードな仕事。
「ノルマがきつい」「ストレスやプレッシャーが」「激務」という本音は、転職相談でもよく会話にのぼります。

――― わかってはいたけれど、つらい。
――― 多分、自分は営業には向いてない。
そう思っている人は大勢います。

じつは、一口に営業といってもジャンルや業種ごとに事情が大きく異なります。
営業職では「ジャンルと本人の性格のミスマッチ」が頻繁に起こっていて、それが隠れた主要因と言えます。

今回は、無料の適職診断ツールを活用したフィット度合のチェック方法と、つらさの自己分析、転職による性格ミスマッチ解消策を具体的に解説します。

メモ: すべての営業職がつらいわけじゃない

1.営業はきつい?性格ミスマッチを分析する

1-1. なぜ営業職にはミスマッチが起きるのか?

営業はほかの職種と違って、専門スキルよりも個々人の性格などヒューマンスキルの割合が高い職種です。

また、営業職のなかでも、提案営業では緻密なロジカルさが重要な一方、新規開拓営業ではストレス耐性が必要とされるなど、ジャンルごとの適性キャラクターが異なっています。活動スタイルそのものが違うからです。

採用面接の際、性格面は伝わりづらいこと、曖昧なキャラクター適性を基準とする選考になりづらいことから、ほかの職種よりも不適合が起こりやすくなります。

また職種の人数が多いことに比例してミスマッチのトラブルも多いため「営業=つらい職種」という短絡的な結論に陥りがちと言えます。

実際には、それぞれの分野で活躍し業績を上げている人も当然います。
つまり、営業がきつい・つらいという問題は、本人がミスマッチを自覚して解消すべき問題なのです。

Star転職は、営業職をジャンル別に細分化し、性格ベースで適職を判定するオンライン診断ツール「自己PRレポート」を提供しています。
(ページ下からのうえご利用可能)

営業未経験の方、学生にも対応。営業以外の職種についても合わせて自動判定します。