営業の辛い業種ランキング~きついときは転職も考えよう

2-2. 異業種転職は有効だがジョブチェンジは危険

営業のつらさを解消するために、まず転職する、という選択肢は有力です。
営業マンのキャリア・転職では、活躍していることが問われるため、適合していない仕事で業績を上げられない期間が長引くことで先々のチャンスも目減りしていきます。

典型的には、新規営業でつらいと感じている人がルート営業に転身して地道に信頼を積み上げる、といったキャリアパスがひとつの突破口になります。

ルート営業の方が平均年収は低くなることが多いのですが、これは新規営業でバリバリ活躍しインセンティブを獲得している営業マンと比べたものであり、違うものを比べているのである意味妥当です。

年齢にもよりますが、ほかの業種や商品ジャンルの営業への転身は可能性があります。

ただし、職種を変えるジョブチェンジの選択肢はあまり現実的ではありません。営業以外の職種には特定の経験・スキルを前提とするものが多く、書類・面接を通過しづらい面があります。

3.まとめ

このように、営業活動がつらい、と感じる多くの場合には、ジャンルと性格のミスマッチが起こっています。

とくに新規営業系を担当している場合の不適合確率は顕著です。インセンティブよりノルマに気をとられてしまう場合には、適性を確認することが有効です。

Star転職は、営業職をジャンル別に細分化し、性格ベースで適職を判定するオンライン診断ツール「自己PRレポート」を提供しています。
(ページ下からのうえご利用可能)

営業未経験の方、学生にも対応。営業以外の職種についても合わせて自動判定します。