【営業の転職】営業に有利な資格・検定ランキング!

営業職に就いている方、営業で転職しようと考えている方が、今後のキャリアを考えたときにとっておくべき資格はどんなものがあるかご存知ですか?
営業マンはただでさえ日々の業務に忙しく資格に向けた勉強もなかなかできない状況にあるかもしれませんが、今すぐでなくても資格の有無がキャリアに影響してくる場面は必ずあります。
将来を見据え、スキルアップに寄与する資格について考えてみましょう。
   
そこで、ここでは
・営業職全般に役立つ資格
・業種別に役立つ資格
を内容と取得にかかる費用、仕事への効果とともに解説していきます。

1.いざとなったらつぶしが利く!営業全般に有利な資格

営業職に就くにあたって「絶対に必要な資格」というものはありません。
それでも、営業マンは顧客からの信頼がすべてと言っても過言ではなく、一定の資格を持っている、検定に合格しているということは信頼の上乗せにつながるもの。
自分自身のスキルアップにも必ず跳ね返ってくるので、広く使える資格についてもここで一度復習してみましょう。

1-1. 基本的な業務スキルの底上げに役立つ資格

① 営業士検定(初級・上級・マスター)

「営業士検定」は日本営業士会の検定制度。
「営業士」試験は、合格すると営業士として認定され、初級・上級・マスターの各級について、日本営業士会の教材に基づいた試験が年2回開催されています。
試験ではメーカーと販売先の双方の視点で商品と販売、販売促進、技術を理解していることと、営業に必要なマーケティング知識や営業技術、生産や商品開発等の知識とスキルを有していることが重視され、初級は基本的な営業業務、上級は営業管理業務や営業指導を含むレベル、マスターではマネジメント・マーケティングに関する高度な専門知識が出題されます。
実際には、資格の保有が直接もたらす効果というよりも合格に向けた学習をすることが営業力・マーケティング力の向上に役立つ資格と言えます。
なお、日本営業士会では全国試験のほか、研修及び研修後のテストを通じて営業士資格を取得できるコースも用意されています。
  受験料:8,640円
  試験開催日:各級につき毎年6月・11月の年2回
  受験資格:初級はなし、上級は初級合格者、マスターは上級合格者

② 営業力強化検定

株式会社サーティファイの運営するビジネス能力認定試験のひとつで、営業の基本知識、マーケティング、顧客対応、営業提案などについての理解度を測る検定です。
公式HPからPC・モバイルなどを通じてWeb受験できるシステムとなっており手軽に受験できるメリットもあり、全国の営業マンと比較した実践力がわかります。
  受験料:1,000円
  試験開催日:随時(Web受験)
  受験資格:なし

③ セールスレップ1級~3級

日本セールスレップ協会が営業のプロとしての能力を認定する制度で、3級から1級までの階級が設けられています。3級では営業・販売活動におけるマーケティングの基礎知識やメーカー・販売先への提案活動に必要な商品・販売・販促知識を習得している程度、2級は企画型営業・企画提案型営業の応用知識のほか、財務・企画運営管理や関連
法規に関する知識の習得、1級となると経営・企業評価の実践知識や営業・販売活動におけるマーケティングの実践・応用知識を習得していることが求められます。
  受験料:8,640円
  試験開催日:各級につき毎年6月・11月の年2回
  受験資格:3級はなし、2級は3級合格者、1級は2級合格者

④ 普通自動車免許

道路交通法に基づく、自動車を運転するための、いわゆる「車の免許」です。
営業活動を行うにあたって、営業先を回ったり配送をしたりするために営業職に普通自動車免許の取得を求める会社は多々あります。
当然ながら日常生活でも役に立つのでとっておくに越したことはありません。

1-2. 自分に付加価値をつけるキャリアアップのための資格

ここからは、転職にあたって実際に自分の価値をUPさせられる資格について解説していきます。営業職への転職のみならず、幅広い職種で活かすことができる資格ですが、その分難易度も高く資格取得のために要する費用や時間も増えます。

① 販売士1級~3級

商工会議所が実施する認定資格試験で、営業職というよりマーケティングの色が濃い資格ではありますが販売促進やマーチャンダイジングといった流通・小売に関する知識・技能から財務予測などの経営管理までを網羅し、営業職でキャリアアップを目指すような場合にも知識として活きる内容です。
  受験料:1級は7,710円、2級は5,660円、3級は4,120円
  試験開催日:1級は年1回(2月)、2級・3級は年2回(2月・7月)開催
  受験資格:なし

② 中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行うための国家資格です。中小企業における現状を分析し、企業の成長戦略に向けたアドバイスを行うことが主な役割ですが、専門知識を活用して企業と金融機関のパイプ役など、より幅広い活躍をすることが社会的に求められます。
営業職と直接的には結びつかないかもしれませんが、経営の診断や助言を行うことができる点においてビジネス全般において重宝される知識が身に付きます。また、中小企業診断士同士の相互交流は活発に行われており、情報交換からビジネスチャンスが生まれることも。
但し、2日間にわたる1次試験の合格後、2次試験と15日間の実務補習または実務への従事、または登録養成機関が実施する養成課程を経てやっと登録が叶うもので、ハードルはかなり高くなります。
  受験料:13,000円
  試験開催日:年1回
  受験資格:なし

③ TOEIC・実用英語検定(英検)

TOEIC・英検はいずれも英語力を示すための資格で、TOEICは受験者全員が共通の試験(筆記・リスニング、マークシート方式)を受けた結果の点数で、英検は1級から5級まで7段階の級によります。
転職もそうですが、ビジネスで評価されるのはTOEICであれば700点以上、英検であれば2級以上のレベルです。このラインに満たない場合はアピールになりませんので、履歴書などにも書く必要はありません。
営業職に限らず、ビジネスで英語が使えることはワールドワイドな活躍ができることからキャリアアップにつながり、英語力を要する仕事であれば重宝される資格です。
  受験料:TOEICは5,725円、英検は級により異なる(2級は5,800円、1級は8,400円)
  試験開催日:TOEICは年10回、英検は級により異なる
  受験資格:なし

④ ファイナンシャル・プランナー(FP)

日本FP協会の実施する認定資格試験で、金融や税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの幅広い知識に基づいて家計に対するアドバイスとサポートを提供するものです。
CFPとAFP、FP技能士1級~3級の3種類があり、上級資格はCFP。ファイナンシャル・プランナーとして実際に活動するのを目指すのでなく知識を備えるための受験であればAFPで十分です。AFPは認定研修で定められたカリキュラムの修了及び2級FP技能検定(学科・実技とも)合格を備えることで登録でき、資格取得者はFP事務所などのほか、証券・銀行などの金融業界、保険業界、不動産業界やその他事業会社など、幅広い企業で活躍しています。
  受験料:FP技能士2級が8,700円、認定研修は実施機関による
  試験開催日:FP技能士2級が年3回
  受験資格:なし