【リクルートへの転職】リクルートキャリア(斡旋・メディア営業)で活躍する人物特性

『信頼性』&活動スタイル『発散型』が高い人は、キャリアの営業で活躍できる


<リクルートキャリア(営業)型 イメージ>

正社員領域に特化。社員募集・人材採用広告事業のリクナビ・リクナビNEXT、斡旋事業のリクルートエージェントをサービスとして提供。
この部門で募集しているのは3つのポジションです。
1.メディア営業
2.リクルーティングアドバイザー(RA)
3.キャリアアドバイザー(CA)

check_box分け隔てなく動くことが肝要

『発散型』が高い人ほど、活動性が高く相手を問わず積極的です。広告事業においては、ユーザー企業だけでなく、代理店も対象顧客となります。

活動量が成果に紐づきやすい職種で、クライアントと良好な関係を築けます。

check_box経験は一切不問!必要なのは「自走度の高さ」と「エネルギー」だけ

経験は全く関係ありません。自分で人生を切り拓ける「エンジン」(自走度の高さ)と「ガソリン」(エネルギー量の高さ)が重要視されます。
ただし、社会経験が薄い第二新卒は厳しく見られがちで、26~33歳がメインとなります。

法人営業やコンサル・事業会社での企画経験があると有利に選考が進むのもポイントです。

check_box人材採用広告に対する需要は高い

国勢調査による初の人口減少が記録され、労働人口が減少していく中、景気は堅調な推移を示しており企業側ニーズは高まる一方です。
最も簡易な結節点を生み出すことが出来る採用広告媒体は、都市部だけでなく地方においても年々需要が高まっています。

check_boxエージェントニーズは都市部に集中も、利用企業増加

都市部にある企業は、1マンパワーとしての採用ではなく、幹部候補と成り得る優秀な人材の採用に力を入れています。
そこで媒体だけではなく、エージェント(斡旋サービス)の力を借りて人数限定の採用をする企業が増えています。

check_box経営資源の1つ“ヒト”だから「信頼性」が必要

経営資源である「ヒト」に関する取引のため、顧客との関係作りにおいて「信頼性」が必要不可欠です。

企業規模に関係なく、「ヒト」は重要視されます。採用広告媒体おいては、求職者の集客に関するノウハウを期待されています。

特集枠はもちろんのこと、打ち出し方やキャッチコピー、写真の選定など細部にわたるまでこだわり抜くことが重要です。知識・経験よりも「計画的に取り組み、真摯にやり抜くこと」に注力すると自ずと成果がついてきます。

check_box営業職以外の募集ポジション

採用に関するコンサルティング職“RPO職”や企画職として商品企画・サービス企画ポジションなども限定的に募集しています。

check_boxリクルートキャリアへの転職で成功するには『スターリーグ』を使おう

当社スターリーグはリクルートキャリアと強い繋がりがあり、エージェントとしてご紹介することが可能です。キャリア面談による面接アドバイス後、準備が整い次第、応募手続きを進めていきます。

2つのポイントを面接対策として一緒に準備していきます。
1.これまでの人生に関する行動特性の深掘り
2.キャリアビジョン作りと、リクルートキャリアで働く意味作り

“リクルートキャリアで働きたい人”は往々にしてお見送りとなるケースが多くなっています。あくまで、自分のキャリアビジョンを見据えた上で、リクルートキャリアに行く意味・価値まで落とし込むことが重要になります。

リクルートキャリアの採用面接では必ず質問されます。人気企業だけに万全な準備・対策が必要です。興味ある方は、気軽に面談をご希望ください。

まずは、キャリア面談希望ボタンをクリックしてお進みください。

リクルートグループをもっと知りたい方・・・「【リクルートとは】総ざらい!リクルートグループの文化、事業、ヒト 転職情報も」
リクルートキャリアをもっと知りたい方・・・「リクルートキャリア(リクルートエージェント、リクナビ)への転職・求人情報(中途採用・キャリア採用)」
営業のキャリアアップをもっと知りたい方・・・「営業のキャリアアップ転職|リクルートへの転職」