転職エージェントを使う12のメリット

転職エージェントを使い倒そう

転職エージェントを使うと、転職活動に成功しやすくなるためおすすめです。
いくら相談しても、紹介を受けた企業に入社が決まっても無料なため安心して使ってみましょう。

一般的な12のメリットをお教えします。

使う時にヌケモレが無いようにしっかり把握しておきましょう。

check_box1.非公開求人情報を教えてくれる

これは、転職エージェントを使うメリットの中でも重要です。

非公開求人とは、転職サイトや企業ホームページに載っていない求人のことです。

これは、既存社員に配慮しているためで、案件を知っているエージェントも信頼の厚い企業に限られています。

また、エージェントによっては、転職者の人柄・経験・スキルを確認した上で、企業側に交渉をしてポジションを作ってくれる場合もあります。

非公開求人の取り扱いは、大手エージェントよりも、中小エージェントの方が、得意としています。

check_box2.自分では気づかなかった求人を教えてくれる

自分で転職先企業を探すと、有名企業や同じ業界の競合企業といった日頃見聞きする企業に偏りがちです。

転職エージェントは、企業の大小や業界に限定せずにサーチしてくれるため、オープンとなっている求人情報であっても、自分では辿り着けない案件を教えてくれます。

check_box3.自分の市場価値を教えてくれる

特に過少評価しがちな自己評価を客観的視点で自分の市場価値を教えてくれます。

自分では、誰でもできるだろう、知っているだろうと無価値と思っていた経験・知識・スキルが実は世の中では他に持っている人は少なく貴重人材だった・・・何てことがよくあります。

まずは人材エージェントに相談してみましょう。

check_box4.自分の市場価値を上げてくれる

転職エージェントを使う上で、最も実利を感じられるメリットです。

転職者が応募した求人企業に対して、転職エージェントは職歴や、経験・スキルはもちろんのこと、人物像も含めて推薦をしてくれます。

その推薦内容は、求人企業にとって魅力的に映るであろう表現を駆使してくれるため、自然と市場価値が上がるのです。

転職エージェントは、求人企業がどのような人を探しているか詳しく知っているからこそ、必要としている人物そのものであると正確にアピールすることが可能なのです。

ですから結果として、転職サイトや企業ホームページなどからの一般応募よりも、転職エージェントを通して応募した方が、書類選考の通過率が格段に上がります。

check_box5.求人企業の裏情報を教えてくれる、事前にブラック企業を知ることができる

一般的に、広告でよく見る有名企業や話題の企業への転職は考えることが多いようです。

広告や業績好調のイメージが先行して企業に対して良いイメージを持ってしまうハロー効果によるものですが、実際にどのような就業環境なのか、どのような人が集まっているのかなど実生活に影響する情報はあまり表には流通していません。

そのような場合にも、転職エージェントは幅広く、深く企業と付き合いがあるため、裏情報やブラック企業か否かなどの情報も持ち合わせています。

興味がある企業・求人があれば、包み隠さず転職エージェントに「実際にはどんな企業なのか?」と聞いてみましょう。

check_box6.業界情報・転職市場の情報をもらえる

先のメリットと近いですが、企業に関わらず、業界情報や転職市場全体の動きについても転職エージェントは敏感で、良く知っています。

世の中の流れを俯瞰して見てもらった上で、「今が転職すべきタイミングなのか」を聞いてみるのも活動上いいヒントになります。

業界内で転職を考えている場合にも、どこが上がり目でどこが落ち目なのかも重要な情報になるでしょう。

check_box7.自己分析を手伝ってくれる

何でも相談できる友人や先輩、親などの存在も第三者視点という意味で自己分析には効果がありますが、何と言っても転職のプロからアドバイスをもらった方が、伝えたい事が伝わる魅力的なアウトプットになります。

短期間で判断される転職活動において、自己分析の整理は、転職活動の合否に直結すると言っても過言ではないほど重要です。

例えば、下記のような修正をしてくれます。

<修正前>
私の強みは、諦めずに取り組み続けられる粘り強さです。
現職では、しばらくご購入いただいていなかった休眠顧客に対して、最初はご提案しても全く聞いてもらえもしない状態でしたが、電話やメールだけでなく直筆で手紙を書いて送るなど、工夫を凝らしながら粘り強くアプローチしたところ、1年近くかかりましたが、ご理解いただき新ためて購入いただく事ができました。

<修正後>
私は、誰にも負けない誠意とスピードで個人売上予算に対して毎年130%超を達成し続けてきました。
私のミッションは、休眠顧客の掘り起こしからの受注獲得です。弊社商品について一度は不要と判断された顧客のみですから、マイナスを払拭するわかりやすいプラス印象が必要と考えて1からアクションプランを作り込みました。

同じ人とは思えないほど印象は変わりませんか?

客観的に読んでみて、もし自分が求人企業の面接官だったら、修正前の話を聞いても「ふーん。」で終わってしまいますが、修正後の話であれば「もっと話を聞いてみたい」と感じるのではないでしょうか。

仕事をしながら転職活動の準備をすることはやる事が多く大変です。

書類や面接でアピールするコツを熟知した転職エージェントは心強い存在になります。

check_box8.書類作成のアドバイスをもらえる

転職活動において、第一関門は書類選考です。
通過した後の個別面接でも必ず書類は使われるため、非常に重要なツールです。

転職活動における書類とは、就職活動の時に作成した事のある履歴書と転職活動でしか使わない職務経歴書の2つを指します。

特に職務経歴書については、選考で有利・不利になる基準があり、ポイントを押さえないと圧倒的に損をして失敗してしまいます。

転職エージェントの力を借りて、選考に有利な書類を作成しましょう。

check_box9.面接対策をしてもらえる

転職面接では、一般的によく聞かれる「定型質問」と求人企業特有の「特殊質問」、最後に転職者側から聞く「逆質問」があります。

それぞれに対して、転職活動ではどのように答えると選考で評価されて採用に繋がるのかを転職エージェントは熟知しているため、一緒に対策を練ると良いでしょう。

何を話すか中身も大切ですが、メラビアンの法則にもあるように「人は見た目で判断」しがちです。
対面での動作の癖や口調、声の大きさなどノンバーバルの対策も、面談時にフィードバックをもらうと良いでしょう。

キャリアアドバイザーによっては、模擬面接・面接ロープレを実施してくれます。

check_box10.選考結果について詳細なフィードバックがもらえる

あまり語られていませんが、これは転職エージェントでなければ得られないメリットです。

求人企業に直接応募した場合は、就職活動の時にも憤慨したであろう「お祈りメール」が流れてきて終わりですが、転職エージェントは必ずNG理由を求人企業に対して問い質します。

それは、転職エージェントとしても責任をもって推薦しているからで、「無下に断ることは許さん」という気概を持っています。

選考結果のフィードバックがもらえると、精神的にスッキリしますし、面接スキルのアップにも(場合によっても人間的成長のきっかけにも)繋がります。

check_box11.選考ステップを飛ばせる、希望の人と面談が組める

求人企業と深い関係にある転職エージェントだからこそ飛び級選考が可能な場合があります。

合格率が上がるという事だけでなく、時間の負担軽減や求人企業の決裁者へのアピールにも繋がります。

また、「もっと詳しく会社の事を知りたい!なので入社後に同僚になる人と会って話したい」などの面談を希望すると、可能な限りセッティングしてくれます。

入社を決心するにも判断材料が少ないと感じた時には、転職エージェントに相談すると情報を揃えてくれます。

check_box12.求人企業との交渉を代行してもらえる

内定をもらった企業に対して、入社後の印象を悪くしたくないという思いから、年収や入社日などの条件交渉を苦手とする人が特に日本では多いようです。

その点、転職エージェントは客観的な立場として採用企業に対して条件交渉をしてくれます。
エージェントが矢面に立ってくれるため、入社後にも影響はなく安心です。

メリットだらけの転職エージェントに早速相談してみましょう!