転職エージェントを使った方がいい人、使わない方がいい人

8パターンの転職エージェントを使った方がいい人

メリットだらけなので、転職活動をするのであれば転職エージェントを使うことをおすすめします。

その中でも転職活動のレベルを上げたいという意欲が高い人には効果的です。

check_box1.自己分析のレベルを上げたい

自分では気づけないビジネス環境における強み・弱みの発見が出来たり、転職活動で有効なアピールを作り上げることができます。

「社内調整力」「チャレンジ精神」「ベンチャースピリット」「忍耐力」といった能力は、本人には気づきにくいようです。

スターリーグでは、自己PRレポート(適職レポート)という無料の適職診断ツールを提供しています。

check_box2.しっかり面接対策をしたい

転職面接は、営業トークとも友人とのトークとも異なり、特殊な前提条件やルールが存在しています。

例を挙げましょう
・自己紹介は1分程度で話す
・退職理由と志望動機にストーリー性をもたせる
・逆質問では福利厚生や有給消化率を聞かずに、転職エージェントから情報を仕入れる

当然、転職エージェントは知り尽くしていますので、面接での自己紹介から自己PR、転職理由、志望動機といった必ず質問されることについて事前に一緒に作っておくと良いでしょう。面接の最後に必ず聞かれる逆質問についても考えておくと安心です。

面接通過率がアップします。

check_box3.書類通過率を上げたい

転職エージェントは、求人企業と信頼関係を築いた上で人材募集を請け負っているため、企業に対して「いい人を紹介するのでまずは会ってお互いの相性を確認してください」からスタートします。

そのため、転職エージェントが推薦した人材について、求人企業側が書類選考で落とすことは滅多にありません。信頼関係次第にはなりますが(笑)

企業を食わず嫌いに何でも見聞きしたいという方にも転職エージェントはピッタリです。

check_box4.自分の可能性を広げたい

転職者には、思い込みや常識から自身の可能性を狭めてしまっているケースを多く見ます。

思い込みで活動して損している代表例は、営業1本でやってきたから次も営業職を、小さい子どもがいるので時間に融通がききそうな事務職にしようかな、海外勤務をしたいので外資系を探している・・・挙げたら枚挙に暇がありません。

どんな働き方をしたいのか、将来どんな生活をしたいのかといった想いは重要ですが、そこから「この職業しかない」「この業界しかない」というのは早計で、転職エージェントに他の人の事例も聞くことで可能性を広げることができます。

check_box5.正確で最新の情報が欲しい

現在は、インターネット上でも社員の声や応募者が書き込む掲示板などで多くの情報収集が可能ですが、情報過多になりすぎて正しい情報や決定的な情報を取得するのは困難です。

各業界情報や人材の動きが多い企業、取引企業については転職エージェントが正確で最新の情報を持っているため、有効に使うと良いでしょう。

check_box6.相談役、コーチが欲しい

転職活動は孤独になりがちです。
現職の関係者には話しづらく、友人にはビジネス環境を理解してもらい難く、相談相手を作りにくいのです。

その点、転職エージェントとは利害関係もなく、プライベートにも関係ない、さらには転職活動におけるプロである安心感もあり、いいコーチになります。

check_box7.離れた場所に転職したい

地方から都市部に転職したい、田舎に帰りたいので地方に転職したい、という人です。

特に初任地が地方で、望んでいなかったが勤め始めたものの馴染めず都市部に戻りたい、という20代が多いようです。
もちろん30代以上にもいらっしゃいました。転勤族に多いです。

check_box8.転職活動を最短コースで終わりたい

個人的にはムダは無いと思っていますが、必要最低限の情報と最小限の行動で転職活動を終わりたいという人がいます。

そういう人は転職エージェントを使うと解決します。

自分でやらねばならない、履歴書・職務経歴書の作成、応募企業の決定、面接・適性検査の受検、入社企業の意思決定だけで転職活動が完了します。
各プロセスについても、模範解答を教えてもらえるため効率的です。

現職の仕事が激務で転職活動にあまり時間を使えない人もこれに当てはまります。

唯一の転職エージェントを使わない方が良い人

メリットが多い転職エージェントですが、たった1つだけ使わない方が良い人がいます。

★転職活動において自分のやることが決まっている

転職エージェントはあくまでサポーターです。
転職活動を自力で完走できるのであれば、サポーターは余計な存在になります。

まずは転職エージェントに相談登録してみましょう。もちろん無料です。