転職エージェントの選び方

転職エージェントは簡単に使えて便利

転職エージェントを使うことは非常に簡単です。

ステップはたった4つしかありません。


<転職エージェント 利用の流れ>
①インターネット上で登録・申請
②キャリアアドバイザーと面談(対面・Skype・電話など)
③求人の提案を受ける
④企業を選んで応募する

あとは応募した企業ごとに選考に入るわけですが、面接の時は応募企業に足を運ぶものの、あとのやり取りは全てエージェントが代行してくれます。

非常に便利な上に、使うハードルも低いため積極的に利用することをオススメします。
ただ、世の中に1万を超える転職エージェントがいる中でどのように選んだら良いか、わからない面もあるかと思います。

キャリアアドバイザーに関して情報が増える面談の前後における判断基準をお教えします。

登録・面談前の選び方

最初の段階で考えるべきポイントは企業規模です。

大手エージェントと専門・中小エージェントそれぞれの強みを活用するために、それぞれ登録することをおすすめします。

check_box1.大手総合転職エージェント

人材業界で広告も積極的に出していて認知度の高い下記企業の中から最低でも1社は親密な関係を築いておくと良いでしょう。

メリットは何といっても保有する求人件数の多さと手厚いサービスです。

基本的には、登録したデータに基づいてキャリアアドバイザーを振り分けられるため、転職者のニーズと合致した求人をそれも10社以上紹介してくれることが多いです。

ただし、キャリアアドバイザーに関して、選ぶことはできません。全て運任せになります。

非常に残念ではありますが、キャリアアドバイザーにハズレと言われる人がいるのも事実です。他の担当への変更を願い出ても聞き流されます。

変更することはできないためハズレと感じたら他の企業に登録しましょう。
当たりのキャリアアドバイザーを捕まえるまで続けましょう。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • エンエージェント
  • 年収1000万円以上のエグゼクティブクラスの場合は、下記に挙げるところに登録した方が合致します。

  • リクルートエグゼクティブエージェント
  • DODAエグゼクティブ
  • ビズリーチ
  • check_box2.専門・中小エージェント

    総合型と異なり、業界や職種、年齢層別に特化した転職エージェントがあります。

    管理できるのであれば、専門・中小エージェントで2,3社と付き合えると広く深い情報を得ることができ、転職活動が有利になります。

    何といっても大手とは異なり取引企業との固いコネクションが魅力です。また、世に知られていない企業の発掘にも長けているため、可能性を広げることができます。

    まずは、自分がイメージしているキーワードで検索してみると、そこに強みをもった転職エージェントが出てくるので、HPをチェックしながら登録していきましょう。

    また、最近では大手転職サイトでもエージェントとの接点の場を提供するサービスも始めており、これらを活用するのも有効な手段です。

  • リクルート キャリアカーバー
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • エン ミドルの転職
  • キャリアトレック
  • エージェント側からスカウトを受けることも、気になるエージェントに面談依頼を出すことも可能です。

    登録・面談後の選び方

    接点を持った後の選び方は、「信頼できると感じたかどうか」の1点です。

    自分と企業との仲人として、誠意と信頼感を感じられるかどうかは非常に重要です。

    サポートが手厚い、魅力に感じる求人をどれだけもっているか、も大事だと思うかもしれませんが、裏切られたり嘘をつかれたりしたら一瞬で無に帰します。

    信頼できるかどうか1つの判断基準として、自分にとって不利な情報や耳の痛いことを言ってくるかどうかをチェックするとわかりやすいです。

    あとは自分のフィーリングを信じてみましょう。