ツクルバへの転職・求人情報(中途採用)

cowcamo(カウカモ)の【ツクルバ】への転職・求人情報(中途採用)ページです。
※ 応募は当社(株式会社スターリーグ)を通じて受け付けます。
  無料登録のうえ、マイページ内の問い合わせフォームより応募内容をご連絡ください。

「場」を発明し、進化させる事業

ツクルバ ロゴ

ツクルバは、「場の発明を通じて、欲しい未来をつくる」をミッションとして掲げ、
「実空間と情報空間を横断した場作りを実践する場の発明カンパニー」です。
ツクルバによれば、「場の発明」とは、ただ単に今までにない新しい空間を作り上げることによるものではなく、形のある「空間」と、形のない人の「思い」を融合させることで初めて実現されるもの。
情報社会たる現代の新たなコミュニケーションの形に合わせて様々な「場」を進化させながら、不動産業界に新しい価値を創造しています。

現在の主要な事業のひとつは、中古不動産のオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」の運営。cowcamoでは、「『一点もの』の住まいに出会おう。」というスローガンの下、主に東京都心のリノベーションマンションを紹介・販売しています。
「一点もの」という言葉に違わず、紹介されている物件はそれぞれにオリジナリティ満載なテーマ・特色があり、また、間取りや立地・眺望などの一般的な条件のほか、希望するライフスタイルからも物件検索ができるなど、場を利用する側の視点からも非常に魅力的に映るウェブサイトとなっています。

また、ツクルバのルーツでもあり、現在も同社のサービスにある会員制シェアードワークスペース「co-ba(コーバ)」も特徴的です。若手起業家やクリエイター、スタートアップのチームが集い、新たなビジネスや活動を生み出すプラットフォームとして、co-ba共感する全国各地のパートナーとともに、東京都内のほか、花巻、気仙沼、郡山、飛騨高山、呉など全国各地で運営されています。
様々な才能がco-baに集結することでお互いに刺激を与え合い、また入居者間のコミュニケーションによって異なるビジネス同士のコラボレーションが生まれるなど、まさに「新たな場の発明」に大きく寄与するプロジェクトです。

ツクルバのサービスラインアップにはほかにも、「hacocoro」と題されたパーティクリエイションサービスが並びます。結婚式の二次会、歓送迎会、誕生日会など、企画するとなると手間や費用がかさみ、こだわりを貫くことが難しいというパーティの常識を破り、「本当にやりたいパーティ」を実現するサポートをするもので、人々が求める場の創造にこだわるツクルバならではのサービスといえます。

独自性の高いビジネスの将来性に注目が集まる

ツクルバはその独特な価値観から唯一無二の事業を展開できる会社として、その将来性が注目を集めています。
情報社会化が加速度的に進行する昨今、そこにある有形の空間という場の意味するところはコミュニケーションの形の変化に伴って次第に移り変わりながら多様化しており、そんな中、空間と人の思いの融合、異なるコミュニティ同士の掛け算などを通じて新しい価値を生み出すことができるツクルバはかつての大量生産・大量消費社会とは一線を画し、一企業としてもそれ自体が「新しい価値」であるといえます。

中でも、ツクルバが注力事業とするcowcamoは、現代の成長市場でもある中古住宅流通・リフォーム市場の活性化の一旦を担い、ウェブサイト上で動画によるバーチャル内覧サービスを提供するなどITを駆使し、リノベーション住宅の情報をユーザーにダイレクトにかつダイナミックに紹介していること、中間業者を介さずに物件の販売につなげるマーケットプレイスモデルを採用していることなどが中古住宅の流通におけるイノベーションとして評価されています。

そのほか、社内には独自のデザインファーム「tsukuruba design」を抱え、独自性を重視したデザインを展開しており、2016年3月には一級建築士事務所「株式会社ツクルバ 一級建築士事務所」として登録を受けています。
また、直近ではベンチャーキャピタルや個人投資家を引受先とする第三者割当増資による大規模な資金調達を行い、連携先企業の創業者を社外取締役に迎えるなど、事業の拡大に拍車がかかっており、今後の飛躍に注目したいところです。

成長意欲と理念への共感性が高い人材歓迎

ツクルバの共同創業者および共同代表である村上浩輝氏、中村真広氏の2名が最も大事にしているのはツクルバの理念・ミッション。
それを実現するためにも、ツクルバで新たに迎える人材にはこの理念・ミッションに共感できることや、「成長したい」「新しいものを生み出したい」と思えること、働くことで社内外の様々な人と関わることで新たな学びや楽しさを得、自身の成長や喜びにつなげたいと思えることが求められます。

また、組織としても社内で活躍する人材も若いため、ひとりひとりが自分で考え、周りを巻き込み、やりたいことを追求しつつ、周りとのコミュニケーションを通じてやり遂げることが・・・

不動産業界について知りたい方は、「転職前に知っておくべき不動産営業の業種別実態と年収」の記事を読むことをおススメします。

●第二新卒で転職を考えている方へのアドバイス・ノウハウ