スターリーグのコンセプト「あるべき場所でかがやく」

“すばる”という、珍しくやまとことばの名前を持つ星団があります。

六連星「統ばる」とは、6つの星がみずから統率のとれている様子を尊んだものです。

星にはそれぞれの存在感があり、
互いの重力が引き合った結果として星座というチームワークが成り立っています。

星と星の間にある見えない引力を読み解くように、組織と人の力学を追究する。

すばる星にチームワークを見出した古来の感性を受け継ぎ、
置かれた場所で役割を見出す。

そして見渡せば、満天の星空のように開放されたフィールドで、
人々があるべき場所で永く輝く。

それがスターリーグの原動力です。