ストレス耐性の低さを直視する

「ストレス耐性」への注目は年々高まっています。
企業やチームの成功のためには困難を乗り越える力が必要となり、それは結局は1人ひとりのストレス耐性に支えられています。
また、ストレス耐性の低い人が無理をすると、メンタル不調に陥るリスクがあります。

じつは、ストレス耐性=耐える力ではなかった

ストレスに強いとは、じつは心理的ダメージに耐える力が強いということとは異なります。
この点は、”耐性”という用語のイメージから誤解しがちなポイントです。

実際には、そもそもストレスを感じる物ごとが少ない、したがって心理的ダメージそのものを受けづらくリラックス度が高い状態こそ本来のストレス耐性の強さです。

ストレスを引き起こす要因を「ストレッサー」と呼びますが、花粉症やアレルギーと同じように、ストレッサーに対して実際にストレスを感じるかどうかは1人ひとり違っています。

ストレス耐性が低い原因は、他の人よりも多くの物ごとに対して危険を感じる、ストレッサーが相対的に多いからメンタルが弱いということなのです。

性格特性と遺伝の関係は現在も研究が進められている分野ですが、一般的に約50%は遺伝要因と見られており、うつ病と関連してストレス耐性も遺伝的影響が注目されています。

ストレスは古くからある防衛本能

ストレスは、外の環境に対して危険や危機を感じる心理現象です。

もともとは進化のなかで、防衛本能として働いてきた脳の機能で、交感神経がアドレナリン分泌を刺激し、体を緊張・闘争モードに切り替えるため、体力を消耗します。

野生の動物を狩猟していた原始時代では非常に重要な役割をはたしてきましたが、現代のビジネス環境にはネガティブに作用するケースが多くあります。

たとえば、じっさいには高いストレスを感じているのに、それに耐えようとすると、消耗状態が継続して「うつ」を引き起こす危険が高まります。

採用・転職前のテストが最重要

仕事の環境にはストレッサーが多くあるため、企業の採用や転職・就職の際に、ストレス耐性を見極めることが重要です。

ストレス耐性を確実に高める手段がない以上、職種別のコンピテンシー(採用基準)の1つとして、ストレス耐性を測ることが有効です。

転職・就職する応募者にとっても、ストレス耐性が高い(ストレス感受性が低い)かのように装って入社できたとしても、つらい日々が待ち受けているだけなので、お互いにとって良いことがないのです。

また、異動や昇進もストレッサーのセットが変わる・増えるイベントであるため、人事全般でストレステストが重要になっています。

診断ツールを活用する

ストレス耐性を測れるツールとして、企業向けにクラウド適性検査「Decide+」(ディサイド・プラス)を提供しています。

また個人の転職・就職を考えている方向けには「自己PRレポート」(無料・所要時間5分程度)を提供しています。

Decide+や自己PRレポートの「ストレス耐性」の項目が50点以上であれば著しく低いわけではないと言えます。ストレス耐性の解釈には誤解があるため、テストしてみると思ったよりも低くないということもあります。

ストレス耐性は、表面的な知識やスキルと異なり、内面の特性であるため、履歴書や面接で把握することが難しい能力です。

よくあるミスマッチの理由として、「口数が少なく根性があるように見えたので採用してみたら、実は緊張し過ぎて発言できないだけだった」ということもあります。

上がり症の人が思ったように自己表現することは難しく、面接選考に過度の自信を持つことにはリスクがあります。

個人のキャリアや企業のチームワークにとって、失敗しづらいポイントであるだけに、事前のツール活用をおすすめします。