ビッグファイブに基く人材分析ツール。採用適性検査・異動・昇進にも
ディサイド・プラス
チーム経営の成功3ステップ
1."Big5"標準手法でスコアリング
2.チーム力の「質×量」を客観的に分析
3.適材適所で、努力の限界を超える
採用 育成 異動 昇進
Windows対応 Mac/iOS対応 Linux対応 Android対応
ビッグファイブで人材マネジメントのすべてをスコアリング。新世代クラウド分析ツール

「ビッグファイブ」が導くイノベーションとは

パーソナリティ分析を近代化したアカデミックな理論
DECIDE+(ディサイド・プラス)は、Big5性格検査を発展させた分析ツールです。1990年代までにゴールドバーグなどの大規模メタ分析(※)によって発見された5つの評価軸(下図)は、アカデミックな心理学・神経科学の研究ではすでに広く普及しています。
ビジネスへのビッグファイブ応用には、以下のようなブレークスルーが期待されます。
ビッグファイブの5特性:信頼性、情緒安定性、知的好奇心、外向性、協調性
  • 5つのスコアで性格を過不足なく記述。採用とマネジメントを統一的に考えられる
  • 個性のバラつきを理解して、再現性のある組織をデザインできる
  • ステレオタイプな属性やAIのブラックボックスに左右されず、一人ひとり公正に判断できる
  • あらゆる企業の宿命だった「マネージャーの弱体化」に、採用段階から時間をかけて対処できる

DECIDE+の使い方

かんたん3ステップ
ツールに表示される専用URLを受検者にメール案内
受検者がリンクにアクセス。スマホのブラウザから回答、送信
即座に自動集計。レポートを見て人物像を理解
Big5をオンライン計測・可視化
面接前に人物描写が完了
ビッグ・ファイブは性格分析の革新であり、従来の面接よりも優れた点さえあります。受検は完全リモート対応。DECIDE+は業界に先がけて科学標準のビジネス応用を開拓しています。
5,000件オーバーもOK。高性能クラウド
東証1部上場企業も続々ご利用
1シーズン4,000受検超、大量採用プロジェクトの案件実績にクラウドのパワーが活躍しています。もちろん専用の設備は不要。各社アドレスを受検案内するだけで、分析レポートが集まります。
完全定額 月5万円で生産性ロス予防
努力偏重を改めるひと工夫を
ビッグ・ファイブは人が言語化できる性格特性を網羅。新卒中途採用に限らず、組織編成・異動昇進のすべてをDECIDE+は統一的にカバーします。努力の限界・疲弊に打ち克つには、能力ポートフォリオの改善が有効です。

職種・業種に適したチーム編成で努力の限界を超える

組織論も性格研究の成果を活用しはじめている

ファクトに基づく組織開発。
Photo by Iñaki del Olmo on Unsplash
組織論の大家スティーブン・P・ロビンスは膨大な論文研究で知られています。『マネジメントとは何か』でサウスウエスト航空のケースを取り上げ、「根が明るくない人、外向的でない人を採用段階で徹底して除外している」と紹介しています。社員教育やインセンティブ設計より素材の性格特性の方が重要だからです。
その理由として「人が明るく前向きか、そうでないかは、基本的には遺伝子構造で決定されているからだ。どの程度前向きになれるかは、その三十五から五十パーセント、もしかすると八十パーセントまでもが遺伝子によるということが研究から分かっている」と解説しています。
経営マネジメントの方法論もアップデートを受け、適材適所を語り始めているのです。

「一目瞭然だ」熱い支持を受ける分析レポートの秘密

新卒採用・中途採用に対応。統一された1つの視点から分析できる
ビッグファイブに基づくスコアを表形式でレポート
多くのお客さまの第一声は「DECIDE+は当たっている」ということです。 当たっている、という印象は2つの基礎的な設計デザインに支えられています。
1点目は、既述のとおりBig-5の性格ダイレクト測定による分解能の高さです。 Big-5以外の指標をとった場合、理論上2つ以上の特性軸が打ち消しあって特徴が消え、平凡なゾーンに値が集中する挙動やねじれが生じる難点があります。
DECIDE+ではBig-5をストレートに計測しているため、高いものは高く、低いものは低く表現され、結果的に個性の違いがきめ細かく分散します。
また2点目として、再現性が高いという特長があります。
Big-5の5つの軸は、じつは人間がもっとも感知しやすい軸でもあります。つまり、Big-5は見たことのない特性ではなく、誰もが潜在意識で敏感かつ精緻に理解している性格上の特徴なのです。 この軸上に具体的な人物をプロットすることにより、たとえば採用の応募者とチームメンバーが近い値となったとき、「面接で初めて会う人なのに、いい加減な感じが本当に彼によく似ている」という現象が起こります。
この2つのメカニズムの相乗効果により「当たっている」としか言いようのない不思議な感覚が生じるのです。
big5によるピープル・アナリティクス

主要機能

psychology
ビッグ5計測
traffic
着目ポイントの表示
query_stats
社外分布との客観比較
groups
既存メンバーとの比較
sort
指標別ランキング・ソート
precision_manufacturing
適職インデックス・スコア
folder_shared
レポート分類&共有制御
download
CSVエクスポート
devices
マルチデバイス対応

料金

英語版 英語+日本語版
月額費用(税別) 22,000円 50,000円
初期費用(税別) 40,000円 100,000円
英語受検
日本語受検
管理画面の言語 日本語 日本語
新卒・中途採用
異動・昇進立案
組織分析
決済手段
VISA対応 mastercard対応 amex対応 JCB対応 diners対応
領収証は、購入時に登録したメールアドレス宛てに送信されます
受検回数
制限なし
社内受検/採用候補者を問わず定額利用可能
アカウント数
制限なし
セキュリティ上、社外の利用者へのアカウント発行は禁止しています
お支払いの詳細は、FAQに掲載しています。

ご利用開始の流れ

まずは自社データを収集し、有効性を確認
無料トライアル申込み
当社にて審査のうえ法人アカウント発行します。無料トライアルでは一部の機能がロックされていますが、ひと通りの機能を確認できます
オンライン購入
ネットショップ同様、かんたんな手順でスタート。初回15万円(初期費用+月額費用・税別)で、機能制限なく利用可能になります
テスト導入
1ヶ月あれば全社受検と採用活動に利用でき、ひと通りの分析が可能です。目的に合わなければ即解約OK。ワンポイントのヘルスチェックも完了し、ムダがありません
利用開始
継続利用の場合、ツール操作は不要です。データを分析し採用基準を明確にするなど、経営活動への運用手順を整えることで本格導入に移ります

導入事例

株式会社アイモバイル 須藤麻里様
「面接選考において客観的データを取り入れた多面評価」と「面接官同士の共通言語化」を目的に適性検査を探していました。
選考はチームプレーと考えていて、面接官同士のジャッジに関するコミュニケーションレベルを上げたかったですね。
Decide+は総合指標を含めてたったの7つ。これなら私だけでなく、他の人事や現場でも理解しやすいのではと思いました。さらにお試しで利用してみて、既存社員の人物評価が社内評価と一致していたのには驚きました。
UTグループ株式会社 近藤邦洋様
一番大きいのは、時間が短縮された事。年々採用数が増えている当社にとってはすごく大事
10社くらいの適性検査を見ましたが、確度が高くてちゃんとしていても30~60分かかるものばかりでした。もちろん確度は大事ですが、選考の中で運用していく事を考えると少し長すぎると感じましたね。
学生にとってもスマホで5分くらいとラフで操作もシンプルなので、ストレスが少ないところも魅力的でした。
株式会社ファインドスター 津田智史様
人物評価のバラつきを減らして、より効率的な採用を実現したいと考えています。
人物評価の基準をさだめているものの「面接官によって認識の違いが起きてしまっていないか?」という点に課題意識を感じていました。
Decide+は多軸でスコア計測されるので、自社なりの指標を持とうとしています。活躍人材の結果を参考に慎重に探っているところですが、現状でも大雑把な基準として判断材料のひとつに活用しています。

無料トライアルお申し込み

審査のうえ、1営業日以内に法人アカウントをご案内します